Lovepdal Karl fuzz

Author: admin  //  Category: Karl Fuzz, lovepedal


このKarl fuzzもバリエーションが多いです。
ノブは初期のもので2つ(Volume、intense)、最近のものは3つ(Volume,tone,Fuzz)です。
こちらはシリコンですがゲルマニウムを使ったWhiteDragonもあります。
他にCHICAGO IRON Octavianも所有していますが
こちらは往年のFuzzといった感じ(じゃじぃじゅじぇじょwww)に対し
KarlFuzzは音に厚みをつけるような使い方で踏みっぱなしでもOKな感じです。
主観ですが一般的には単音使いだと思いますがこれはコードもいけると思います。

埃を払うの忘れていますがそこは気にしないでくださいwww。

青色LEDが暗闇に映えます。

こちらも古いタイプで空中配線です。

こちらはGOLDバージョンCOT50と違い本当に金色ですwww。

基盤プリントを採用しています。

ここで気になるのはおなじみの空中配線と基盤プリントで音が違うかどうかですが
私の家の環境ですとほぼ同じwwwでした。ノブが2⇒3になって調整箇所が増えては
いるんですが同じ直線状にあるのでさほど大きく変わらない気がします。

【まとめ】
Karl fuzz

ノブが2つの物の方が発売時期が古く

色違いのバージョンとしてはねずみ色、青、バースト、黒、赤、Goldなど

他のLovepedalに比べて値段がちょっと安い